サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


キャッシングローンの基本 その2



キャッシングローンの基本について調べています。

まず、キャッシングとは、

クレジットカードなどのローン専用の

カードを利用して受け取る小口融資

のことを言います。


手続きは簡単にできて、

通常はATM(現金自動預払機)や

CD(現金自動貸出機)を利用します。


簡単な手続きのキャッシングローンは

急なお金が必要なときなどは便利です。


カードキャッシング返済には、

銀行の自動引き落としやコンビニ払い、

ATM(現金自動預払機)や

CD(現金自動貸出機)などの方法があります。


お金の返済日については、

カードキャッシングでお金を借りた場合は、

キャッシングの契約時に決まります。


返済方法は殆どが月1回となっており、

他には回数や金額を指定する方法や

いくつかの中から選択する方法もあります。


カードキャッシングの返済において、

利息は基本的に1日単位でかかります。


1日遅れてもその日の分だけは加算されます。


このように利息は1日単位で計算されるので、

借りた日に返済したときには

利息は基本的にはかからないのです。


カードでのキャッシングを利用したときの

利息の上限は29.2%までと法律で決められており

2年後には20%までとの法律になっています。

利息の比較も大切ですが、

カードキャッシングを利用して

借り入れするときは

返済方法について、ハッキリとした計画を

立てておきましょう。

無駄な出費を避ける為にも

大切なポイントです。


返済できる範囲での借入をすると言うことは

カードキャッシングをする上では

とても大切なことなのです。


借りすぎは返済方法の後日修正が

出来なくなってしまいます。


posted by 金融マニア at 20:10 | Comment(5) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

身元保証とは!?



身元保証

身元保証とは、従業員の行為によって雇い主が

損害を受けた場合に第三者が賠償することを約束する、

雇い主と当該第三者との間の法律関係であり、

身元保証契約によって生じる。

この契約によって賠償責任を負担する者を身元保証人と呼ぶ。


この慣習・制度の問題点については

人権問題といってよく、

時々新聞などのマスメディアでも取り上げられるが、

制度そのものは放置され、

適当に処理されてしまっているのが現状といえよう。


就職時の保証人について、

労働基準局に相談が寄せられることもよくある。

保証人は法律で義務付けられているものではなく、

拒否しても違法ではない。

ただし、会社側が新入社員に保証人を求めることを

禁止する法律もない。

そのため、両者間での話し合いということになるが、

実際に入社を断られたりするケースもある

保証人がいないことを理由に入社を断っても

現行の法律上違法ではない)。


保証人の「印鑑証明」を提出させる会社もあり

(金融関係に散見される)印鑑証明までは

出せないと会社側と話し合ったが、

結局入社を辞退したケースもある。


身元保証人の責任が過重なものとならないよう

身元保証ニ関スル法律(昭8法42、

以下「身元保証法」と略す)により

期間などの限度が定められているものの、

銀行での横領事件などの場合は

数億円もの金額が請求される場合もあり、

身元保証人になることは非常にリスクが大きい。


雇用側が身元保証人に損害賠償を請求するには、

身元保証人となっている人物に業務内容、

異動情報などを通知しなければならない

身元保証法3条)。

ただし、通知等を行っていれば

損害賠償を請求することはでき、

実際に会社の金を横領した社員の

保証人に損害賠償請求をしたケースは多数ある。


一度提出した身元保証書は

最長で5年間有効である(身元保証法2条)。

だいたい、入社時に提出したら

その後は出さない企業が多いが、

中には5年毎に再提出させている企業もある。

(厳密にこの制度を運用しようとしたら

5年毎に更新しなければならない)

すでに長年勤めている社員が

保証人を用意できず、

解雇されることがあれば人権問題であるが、

そういった訴訟や判例がほぼない。


前述のように現行法上、

提出拒否も提出拒否を理由とした

解雇もどちらも合法といえるから、

実際にトラブルがあったら

その都度司法の判断を仰ぐしかない。


また、入社して10年以上経過し、

継続的な横領が発覚した社員でも

最初の横領が5年目未満の時期であれば

身元保証人に請求が行く場合もある。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

一般的に保証人と言われているものについて!



一般的に保証人といわれているもの

婚姻時には、

偽装結婚でないことを証明するために、

2人の証人が必要である(民法739条2項)。

なお、この証人は金銭的な義務は負わない。


賃貸住宅を借りる場合、

保証人が必要になる場合が多い。

ただしウィークリーマンションでは不要の場合も多い。

都市再生機構のUR住宅(旧公団住宅)では、

連帯保証人不要」をセールスポイントにしている。


高校、大学、大学院、専門学校等に入学する際に、

身元保証人が必要になる場合がある。


奨学金を貸与される場合に、

連帯保証人を求められる場合がある。


企業に入社する場合は

身元保証人を求められる場合がある。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

保証人の種類について



保証人の種類について


単純保証

通常の保証人には催告の抗弁権と

検索の抗弁権が与えられる(民法452条、453条)。


連帯保証

連帯保証人には、催告の抗弁権と

検索の抗弁権はなく、

債務者と全く同じ義務を負う(民法454条)。

連帯保証人であれば、借りた本人と

同等の地位となるため、

借りた本人が理由の如何にかかわらず

返済を拒否した場合、

連帯保証人にいきなり返済を求める

ことも可能となる。

一般に、貸金での保証人となることは

自分が借りたことと同等であると

いわれるゆえんである。


銀行や消費者金融などでお金を借りるときの

保証人は、連帯保証人が求められることが

ほとんどである。

これは、単なる保証人では

催告の抗弁権や検索の抗弁権が

存在してしまうからである。


催告の抗弁権は、

借りた本人に金を返すように

連絡をすることを要求することで、

検索の抗弁権は、

借りた本人に返済可能な資産がないかどうか確認、

あれば執行することなどを要求するものである。

これを利用されると、

夜逃げした本人を探したり、

話をしたりする必要があり面倒なため、

連帯保証人を利用する。


根保証

根保証(ねほしょう)とは、

将来発生・増加・減少する不特定の債務を

一定の限度額まで保証するものをいう。

一般的な保証債務であれば、

5000万円借りた後、主債務者が2000万円返済すれば、

保証人はそれ以降3000万円分の返済を

保証すればよいこととなる。

また、この後本人が追加で1000万円借りたとしても、

新たに借りた1000万円については

保証する義務はなく、

当初の借り入れ残額の3000万円に対する

債務を保証するのみでよいこととなる。

しかし、5000万円の根保証であれば、

主債務者が2000万円返済後、

新たに1000万円追加で借りた場合、

保証人は、4000万円の債務に対して

保証することとなる。

根保証は、限度額を常に保証するだけの

資産を持っている者のみが

保証人になるべきであるという意見がある。


共同保証

保証人を複数設定することを共同保証という。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


タグ:保証人
posted by 金融マニア at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

消費者金融の歴史4



歴史4

2006年12月多重債務者を根絶する目的で

貸金業規制法が改正された。

改正論議の当初は貸金業法の抜本的な見直しが

目的で始まったが、

後藤田政務次官の一声でいつの間にか

多重債務者撲滅と金利引き下げ論争に

すり替わってしまった。


それ以降、金融業界からも参考人招致として出席し、

発言を行おうとしても審議会のメンバーらは

業界の意見は聞く耳持たぬといった

あからさまな態度だったと金融新聞では報じている。


そもそも貸金業規制法の改正は、

社会的問題が発生するたびに

国会議員達が議員立法として場当たり的に

改正を繰り返されてきており、

学識経験者からも抜本的に見直しをする必要がある

と指摘され続けていた。


もともと貸金業規制法は改正をするたびに

「3年後の見直し」という1項が付帯決議として

採決されてきている。


ところが、2006年1月の最高裁判所判決により、

施行規則の一部が無効だとの判決が出された。


この判例により法の不備が出来てしまった為に、

またその3年目の見直しを目標として

急遽抜本改革の議論が行われていた。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

消費者金融の歴史3



歴史3

2003年にヤミ金対策を主目的に

貸金業規制法が改正されたと同時に、

出資法の上限金利の引き下げが論じられたが

実現はしなかった。

分母である自殺者全体の増加もあるが、

利用者の自殺の増加が指摘されており、

返済を続けても、完済が困難である状態は

サラ金地獄」とも呼ばれる。

「借りた人間が悪い」との意見もあるが、

「大手消費者金融業者の営利広告の影響等により

高金利の借入に対する抵抗が減少した」

などの指摘や、(連帯)保証人以外の家族等

法律上弁済の義務を負わない人間が返済に

かかわっている例が多くあるなど

「借りた人間が悪い」という決め付けだけでは

済まない問題も発生している。


近年、大手の消費者金融会社は、

銀行と提携しローン保証業務に乗り出したり、

また、メガバンク(持株会社を含む)の

資本参加を受けるなどの動きもある一方、

前近代的なオーナー経営の業者も多く、

取立てにかかわる数々の問題、高金利

押し貸し(貸し込み競争)、

「武富士」創業者の元会長が関与した

電話盗聴事件などの社会問題が依然として

解決されていないと言える。


2006年6月には、消費者金融の大手5社を含む

10社が、融資の際に借り手を生命保険

(消費者信用団体生命保険)に加入させ、

消費者金融を受取人にしていることが

明るみに出た。


本人が契約自体を知らない場合もあり、

保険金は遺族を素通りして消費者金融に支払われる。


遺族が債務を負わないメリットもあるが、

死亡した債務者が過払い

(不当利得の返還を遺族が消費者金融

求められる状態)であっても

保険金は消費者金融に全額支払われ、

過払いの事実は遺族には一切伝えられない。


この保険が無く、相続放棄・限定承認をしない場合、

遺族が死亡した債務者の債務を

任意整理(利息制限法の金利で計算し直した

残債務を利息無しで一括・分割返済

(3〜5年))するには、

相続人が弁護士・認定司法書士等に委任する。


一般に、消費者金融は利息制限法を超える

金利での貸付の場合、

みなし弁済の無効を主張されると、

訴訟では全額を回収することができないため、

訴訟の前に訴訟以外の手段を用いて

回収を急ぐことがある。


全額の回収を容易・確実にするために、

連帯保証人付きのローン・

不動産担保ローンでの借り換え、

公正証書の作成等の手段を用いる場合もある。


法律上支払義務のない債務者に対して、

強引な取立てを行うことも常態である

(過払いが生じている場合などは

訴訟による回収が困難であるが、

被告が裁判を欠席、答弁書を提出しない、

また訴訟ではないが支払督促に対して

督促異議の申立てをせず放置した場合等、

例外がある)。


厳しい取り立ては違法な手段

(脅迫罪・強要罪・住居侵入罪・不退去罪・

業務妨害罪等の刑法上の犯罪が

成立することもある)を伴うことも多く、

当事者・関係者に多大な苦痛を与える点で

問題があるが、

専門家(弁護士・認定司法書士等)の介入が

あった場合は、貸金業の規制等に関する法律

第21条6項の規定により貸金業者が

債務者に接触することは原則としてできなくなる。


なお、最近では店舗や無人契約機での

申し込みは減少し、インターネット経由で

申し込みをして審査を一通り終わらせ、

最寄の無人契約機でキャッシングカードを

受け取りに行くというケースが増加している。


また、最近さかんに宣伝されている

「おまとめローン」には次のような問題がある。

まとめる前に任意整理などを行えば

できたかもしれない「引きなおしによる

債務の減額」ができなくなる。

したがって実質的に債務が増えてしまうことがある。

特に過払いの場合は「もともと存在しなかった債務」

をあらためて背負うことになる。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

消費者金融の歴史2



歴史2

2000年前後からは全情連(全国信用情報センター連合会)

加盟の情報センター、CIC、全国銀行個人情報センター

の個人信用情報機関によるブラック情報の交流

(CRIN)が開始されることになり、

与信の厳格化が図られた。


これによって大手6社などでは契約者の属性が

向上し経営自体は健全化していったが、

スケールメリットのある大手消費者金融業者と

こじんまりと経営可能な小規模消費者金融業者の間に

挟まれた中堅クラスの消費者金融業者の中には、

急激に業績が悪化して倒産、

大手消費者金融業者による買収、

または債権譲渡するものも現れた。


なかには会社更生法が適用され

更生計画が認可されると、

更生計画に入っているものを除いた

会社更生手続開始以前の債権は効力を失うため、

過払い金返還請求に大きな影響がある。


しかし、信用情報の目的は

貸金業者自身の経営の健全性ではなく、

過剰貸付を防止し、

もって多重債務者の発生を可及的に

減少させることにあることに注意すべきである。


この点につき、その目的とは裏腹に

信用情報が一部の業者で勧誘の材料

として用いられているとの指摘があるが、

この行為は信用情報の目的外使用であり

信用情報交換契約(信用情報機関と

その会員たる貸金業者間で交わされている

契約)違反である。


したがって、この指摘は目的外使用に

民事上の責任追及しかなされないことの問題を

指摘したものということができる。


また、個人情報保護法が適用される

信用情報に関しては同法違反となる可能性もある。


なお、この頃「ヤミ金」被害が急増しており、

その原因を上記のような信用情報機関の

情報交流による与信の厳格化と

中堅業者の淘汰に求める見解もある。


他方、消費者金融業界は、

原因は2000年の出資法改正による

上限金利の40.004%から29.2%への

引き下げによる中小零細業者の撤退・倒産に

あるとしており、業者の淘汰の

原因を信用情報の交流に求めるか

法改正に求めるかの点において

上記の見解と異なる。


また、この2つの見解と異なった視点から、

この時期のヤミ金被害急増の原因は

不況の長期化による所得の減少、

デフレによる金融債務の実質負担の増加、

暴対法施行及び不況による暴力団員の

サイドビジネスへの進出、

携帯電話の普及などにあるとする見解もある。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

過払い金返還請求をした方に朗報!!



過払い金返還請求をした方の何が朗報なの???

過払い金返還請求をした方の

個人情報の取り扱いは

ブラック(事故情報)扱いになっていました。

法的に認められた事をして

何故ブラック扱いになるのだ?

と言った話しが国会でも取り上げられ、

情報センターでは9月より

ブラックから取り外すことにしたようですよ。


過払い金返還請求は

ブラックではなくなるんです。


その代わり、過払い金返還請求をした人と

していない人との区別が付けられなくなるので、

参考情報として別枠で

取り扱われるようになるようです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

消費者金融のメリット・デメリットについて



消費者金融メリット

デメリットについて


消費者金融メリットとしての

大きな特徴は、

その借り易さとスピーディさ

にあると言えるでしょう。

早いところでは20分〜30分、

遅いところで1時間程度で

融資が受けられるようになっています。

最近では、インターネットを利用した申込みで

審査が受けられる消費者金融会社も

目白押しの状態になってきている。

無人機を設置したり、面接無しでの

申込みという方法も取り入れられている。

まさに消費者の利便性を追求した、

消費者のニーズをとらえていると言えるだろう。


その反面、消費者金融

デメリットとしては、

他のクレジット系や銀行系などの

消費者金融と比較して、金利が高い

と言うことが挙げられるでしょう。


現在は金利の引き下げを実施している

消費者金融会社も多くなってきており、

高金利の格差はかなり縮まって来ており、

デメリットと言えないような状況となってきている。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


タグ:消費者金融
posted by 金融マニア at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

消費者金融の歴史1



歴史1

高い金利を特徴とする事から、

古来「高利貸し」とも呼ばれてきた。

英米におけるそれらの企業の金利

日本のものに比べて10%〜20%以上高い。

1970年代頃は、サラリーマンを対象にした

業者が多いとして「サラ金」、

あるいは市街地(街中)に事務所があることから

街金」と呼ばれていた。


女性(OLや主婦)や自営業者などの契約も多いとして、

1980年代頃からは徐々に「消費者金融」の名称が

使用されるようになってきた。


その背景には、過剰な融資や高金利

過酷な取り立てにより、「サラ金地獄」という

言葉がたびたび使われるようになって、

サラ金」のイメージが著しく悪くなり、

消費者金融業界が新たな名称として

消費者金融」の使用を押し進めてきた。


また、高金利で融資することで、

消費者金融会社が過大な利益をあげ、

経営者が巨億の富を蓄積していることも多々ある。

消費者金融が特に成長してきたのは

1990年代初頭、いわゆるバブル経済崩壊以降になる。

バブル崩壊によって経済的に苦しい消費者が

増加したことに加え、それまで深夜帯に

限られていたテレビコマーシャルが

ゴールデンタイムなど、

それ以外の時間帯でも解禁(1995年)され、

加えて自動契約機の導入(1993年以降)などの

戦略により、消費者金融は業界を挙げて、

それまでの暗いイメージである「サラ金」「街金

と言った言葉の払拭に努めて来た。


その結果、担当者と向き合って融資を申し込む

といった旧来の方法だけでなく、

郊外の国道沿いに設置された自動契約機へ

借入の申込をする利用者も

徐々に増加してきた。


また、「女性専用ローン」と称して、

女性スタッフとの電話で振り込むという、

「女性対女性」をうたい、

女性が安心して融資を受けられる

という会社も増加してきた。


こういう背景を元に、

大手消費者金融業者には株式を公開(上場)する

会社が現れ始めた。

株式を公開して上場することによって、

経営者一族が莫大な富を得た例も知られている。

一般的には創業者利益とも言われている。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


タグ:消費者金融
posted by 金融マニア at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。