サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


消費者金融の広告について



消費者金融広告は、

新聞・雑誌・折り込みチラシ・電話帳など

様々な媒体に掲載されています。

消費者が利用しようと思ったときは、

こうした広告から借入先を選ぶことが

多いでしょう。

これらの広告の中には悪質・違法業者による

「おとり広告」も含まれていますので、

注意が必要です。


消費者金融広告には

貸金業規制法によって

必ず表示しなければならない事項が

細かく規定されています。

商号、貸金業者登録番号などのほか

貸付条件としては実質年率(金利)・

返済方法・返済期間と回数・遅延損害金・

主な返済例など


また、誇大広告なども禁止されており、

貸金業協会の自主規制基準では

使用してはならない文言なども

規定されています。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)

posted by 金融マニア at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融広告

悪質広告のチェックポイント



どのような広告

悪質広告になるのか?

事例から、広告のチェックポイントを

見てみましょう。

1.
債務を一本化したいと思っている人を

ターゲットにした広告の典型です。

無担保・無保証の個人向けローンは、

銀行の低金利商品でも10%前後の

金利となっています。

「低すぎる」金利の掲示は要注意です。

2.
多重債務を誘うような文言の

使用は貸金業協会の自主規制基準でも

禁止されています。

3.
連絡先が携帯電話番号のものは、

トラブルが起こったあとも

消費者金融業者の特定を困難にします。

いわゆる090金融と言われているものです。

4.
登録をしているからといって

安心とは言えません。

登録番号の都 → 東京都知事登録であることを示す。

(1) → 登録をしてから3年以内の

新規業者であることを示す。

という意味を持っています。

悪質業者は「都(1)」で始まる登録業者が多いのが実態です。
(東京都の場合)

5.
「推奨店」「優良認定店」などの

認定制度はありません。

また、加盟していないのに

団体加盟店であると偽ったり、

団体自体が存在しないものを

使用している例も見られます。

6.
「どこよりも安い」「日本一安い」

などの根拠のない文言も

自主規制基準などで規制されています。

貸金業界で公的に認められているものとしては、

全国47都道府県の貸金業協会により

広告承認番号」が付されています。

文字は小さい文字を使うことも多く

広告の片隅に記載されている場合が多いです。


普通の消費者金融会社が、

全く取引のない人に対してDMを

送付することはほとんどありません。


また、最近のヤミ金融DMでは、

「200,000円」とチェックライターで

数字が打ち込まれたものがありますが、

こうしたものはオトリですので注意してください。

電柱や電話ボックス内に張られた

チラシもヤミ金融のものです。


最近はきれいな立て看板で

集客するものも目立っています。

特に、「カードで現金化」とうたう買い取り屋が多くなっています。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融広告

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。