サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


国民生活金融公庫融資の成功術



なぜ?

圧倒的大多数の人が国民生活金融公庫からの

融資を受けられないのでしょうか?


なぜ?融資の申請に失敗してしまうのでしょうか?


国民生活金融公庫は、

銀行などの民間の金融機関から資金を調達することが

難しい中小企業や個人事業者に対して

融資をすることを目的として設立された金融機関です。

ですから、融資の審査も比較的緩やかですし、

金利が安いという点においても

ぜひ利用したほうがいいといえます。


また、民間の金融機関から融資を受けることが

困難な創業者に対しても融資をしてくれます。

自己資金だけで創業するのと、

ほとんどただ同然の利息を払うだけで

その2倍近くの創業資金をもって創業するのとでは、

安心感も全く違ってきます。


では、そのように金利が安いなどのメリットもあり、

審査も比較的緩やかなはずの

国民生活金融公庫に融資の申請をして

融資を断られる人が多いのはなぜなのでしょうか?


国民生活金融公庫から融資を受けることが

できない人が陥ってしまっている行動パターンには

共通点があるようです。


その1つが

国民生活金融公庫をなめている」ということです。

政府系の金融機関だから、誰にでも優しく

お金に困っている人に融資してくれる

くらいに考えて窓口に相談に行っています。

簡単な書類を提出すればお金を振込んでくれる

くらいに考えて書類を準備しています。


国民生活金融公庫がいくら政府系の金融機関

だといってもだれかれかまわずお金を貸している

などということはありません。

とりあえず、この人にお金を貸してみよう

なんて思わないわけです。

国民生活金融公庫が融資として貸し出す

お金というのは元はわれわれが収めた税金です。

税金を貸し出し、利息をいただくことによって

利益を出しています。

どこの誰だかわからない人間に大事な税金を

貸しましたですが、返ってきません。

なんてことは国民生活金融公庫は絶対に

避けなくてはいけないのです。


「な〜んだ、結局、融資を受けるのは難しいってこと

じゃないですか!」


いえいえ違います。


国民生活金融公庫から融資を受けるのは簡単です。

にもかかわらず、融資に失敗する人がいるのは

結局のところたった一つの理由だけなのです。


「戦略を間違っていた」これだけです。


知らないけどとりあえずやってみた。

知り合いの社長から教えてもらったようにやってみた。

それで失敗します。

国民生活金融公庫はだれかれかまわず

融資をするということはありません。

融資をしてもいいと判断した場合にしか

融資はしてくれません。


ですが、国民生活金融公庫も金融機関です。

融資をして、利息をいただくという業種である以上、

必ず誰かには貸さなくていけないのです。

国民生活金融公庫は誰かに必ず融資をしなければ

成り立たないのです。


融資の申請に失敗している人が多くいる一方で

国民生活金融公庫から融資を受けている方も

大勢いるのです。


では、「どのような人」に国民生活金融公庫

お金を貸したいのか?

国民生活金融公庫は大事な税金を貸しても大丈夫だと

「どうやって」判断しているのか?

それをあなたが知ってしまったらどうですか?

あなたは、国民生活金融公庫から融資を

受けてほしい人になれます。

そのために知っておかなければ話にならないと思える

知識をお教えしようと思います。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国民生活金融公庫

国民生活金融公庫のメリット



国民生活金融公庫の特徴

その1

年利1%台の超低金利(ただし、

金利は常に変動しますので注意が必要です。)

国民生活金融公庫のメリットとして

一番に挙げられるのが「金利の安さ」です。

銀行などで、これより安い金利

借りられることは、まずありません。

また、銀行からの借入のほとんどの場合、

信用保証協会の保証を求められます。

(これには保証料もかかりますので、

資金調達コストが高くつきます。)

その他、商工ローンなどは比較的緩い審査

すぐに借りられますが、

出資法以下の法違反ギリギリの29,2%に

近い金利を取る場合も少なくありません。

それを考えると、国金の金利

いかに低いかご理解頂けると思います。



国民生活金融公庫の特徴

その2

国民生活金融公庫は、

固定金利でお金を貸してくれます。

これは非常にありがたいことです。

固定金利が、なぜありがたいかといいますと、

将来の金利負担が大きくなる心配がないからです。

変動金利ですと金利が上がれば、

銀行に支払う金額がどんどん大きくなり、

毎月の返済額が膨らみ

資金繰りが苦しくなります。

これに対して、固定金利ですと、

世間一般の金利が上がっても

会社が金融機関に支払う金利は上がりません。

したがって、毎月の返済額も

膨らみませんので資金繰りが安定します。



国民生活金融公庫の特徴

その3

国民生活金融公庫

普通貸付の運転資金を、最長5年間貸してくれます。

これなら徐々に返済をしていくことができますので、

資金繰りは非常に安定します。

銀行のように、「業績が悪化したので

すぐに全額返してください」などと

いうことはありません。

銀行からの借入れは、通常1年以内に

期限の到来する短期借入れとなります。

更に、国民生活金融公庫

上記メリット1との併せ技を持っています。

つまり長期で借りても低金利ということです。

5年以内であれば、

変わることなく超低利で貸してくれるのです。



国民生活金融公庫の特徴

その4

国民生活金融公庫

新規開業者にも優しい

国民生活金融公庫ならば

開業のための資金を貸してくれます。

銀行と違って、実績がない会社も

受け入れてくれるのです。

通常、民間の金融機関に

「開業のための資金を貸してください」

と頼んでも断られるだけです。

国金も誰にでも貸してくれるわけではありませんが、

様々な事情を考慮してくれたり

話をじっくり聞いてくれる点を考慮すれば、

新規開業者にとってこんなに

心強い味方はありません。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国民生活金融公庫

国民生活金融公庫の沿革と今後について



国民生活金融公庫の沿革と今後

1949年(昭和24年)6月1日、国民金融公庫が発足。

庶民金庫および恩給金庫は解散し、

その業務を承継した。

1967年(昭和42年)9月2日、環境衛生金融公庫が発足。

1999年(平成11年)10月1日、国民金融公庫

環境衛生金融公庫が統合し、

国民生活金融公庫が発足。


政策金融改革の経緯

以下のプロセスを経て、新たに設置される

株式会社日本政策金融公庫への統合が決定された。

2002年(平成14年)12月13日、経済財政諮問会議は

「政策金融改革について」を決定。

2005年(平成17年)11月29日、経済財政諮問会議は

「政策金融改革の基本方針」を決定。

2005年(平成17年)12月24日、「行政改革の重要方針」

を閣議決定。

2006年(平成18年)6月2日、「簡素で効率的な

政府を実現するための行政改革の推進に関する法律」

(平成18年法律第47号)が公布・施行。

2006年(平成18年)6月27日、政策金融改革推進本部・

行政改革推進本部の合同会議は

「政策金融改革に係る制度設計」を決定。

2007年(平成19年)2月27日、「株式会社日本政策金融公庫

法案」及び「株式会社日本政策金融公庫法の施行に伴う

関係法律の整備に関する法律案」を閣議決定し、

同日国会に提出。

2007年(平成19年)5月25日、「株式会社日本政策金融公庫法」

(平成19年法律第57号)が公布。


新会社への統合の内容

国民生活金融公庫は、

2008年(平成20年)10月1日に解散し、

同日付をもって設立される特殊会社たる

株式会社日本政策金融公庫に統合する。

同日付で、中小企業金融公庫

農林漁業金融公庫

国際協力銀行も解散し、

新会社に統合する。


国民生活金融公庫の業務

(小規模事業者の経営の改善発達を支援するための

資金及び生活衛生関係の営業者等に対する

資金の貸付を含む。)は、

株式会社日本政策金融公庫に承継させる。

ただし、教育資金の貸付については、

低所得者の資金需要に配慮しつつ、

貸付の対象の範囲を縮小する。

と言うことで来年にはまた「株式会社日本政策金融公庫

に組織変更することが決まっています。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国民生活金融公庫

国民生活金融公庫の融資申請ポイント



国民生活金融公庫が比較的借りやすい

金融機関とは言っても、あくまでも「銀行に比べたら」

という話であって、何でもかんでも借りられる

というわけはありません。


以下、ポイントを1つずつ簡単にみていきましょう。

自己資金

新創業の場合、原則として融資希望額と同額の

自己資金を用意する必要があります。

多いに越した事はありませんが、融資希望額

同額の自己資金を用意できない場合でも、

最低、借入希望額の20%以上の自己資金は

用意しておきたいものです。


不動産担保

借入れが2,000万円、3,000万円と大きくなれば

保証人だけでの借入れは難しく、

一般的に担保が必要となります。

しかし、1,000万円位までの少額の借入れであれば

保証人だけでも貸してもらえます。

国金からの平均借入額が300〜500万円であることを

考えると不動産担保はそこまで心配する必要はないでしょう。


保証人

国民生活金融公庫からの借入れに際しても、

保証人は必要となります。

実際には、不動産担保が十分あれば保証人なしでも

貸してもらえますが、一般的に国民生活金融公庫

お金を借りに行く事業者は不動産担保を用意できない

ケースが多いようです。

当然、国民生活金融公庫もそのあたりの事情を

理解していますので、少額の資金を「担保なし・保証人のみ」

で貸し付けるケースが標準的なものとなっています。

保証人の資力は、銀行やノンバンクほど重要視されません。

これは、国民生活金融公庫の貸付額が、

サラリーマンでも代位弁済できる程度の金額

(500万円程度)であることが理由だと考えられます。


上記理由のほかに、保証人は不動産などの物的担保に比べ、

設定手続きが簡単で債権回収リスクを極小化できるので

ほとんどの場合に求められます。


事業計画

実際は融資額が上記例のように数百万の場合は自己資金額に

関わらず融資してくれる場合もあります。

その際のポイントの一つが事業計画です。

ここで言う事業計画書とは、国民生活金融公庫

用意している「開業計画書の雛型」のことではありません。

その他、収支計画表、資金繰表などを含めた、あなたの

ビジネスについて具体的な数字と熱意で

伝えるものです。

これをおろそかにすると、融資額どうのと言った話ではなく、

融資自体実現しません。

書類として整えるかどうかは別としても、

面談のためにも必ず把握しておきましょう。

国民生活金融公庫から融資を受ける際には、

今後の事業計画が重要視されますので、

どんな仕事をして、

どれだけ儲けて、

どのように返済していくかも示す必要があります。

後の融資の面接の際にも、キッチリ作った

事業計画は活きてきます。

融資申請に当たっては、以下の事について十分に検討した

上で申し込みましょう。

開業動機・目的と将来的なビジョン

市場調査に基づく販売計画
仕入計画
資金計画
売上予測
収支計画
返済計画

始めての方には多少難しいかもしれませんが、

完璧な書類を仕上げる必要はありません。

面談の際には国金の方でもわかりやすい質問で

答えを導いてくれます。

あくまで、「面談」の際にきちんと、明確に

答えらるように事業計画書をしっかりと作るのです。


面談

借入れの申し込みをしてから約1週間後に、

国民生活金融公庫の担当者と面談することになります。

面談では、決算書・事業計画書に基づき、これまでの事業の

実績を質問されるほか、借りた資金をどのように事業に

活かして行くのか、どのような収支が見込まれ、

どのように返済して行くのかといった計画に

ついて質問されます。

国民生活金融公庫の担当者は融資の審査

プロですから、必要な事項は漏れなく質問してきます。

反対に、こちらは、面談のプロではありませんから、

上手に答えることができないことも多いでしょう。

しかし、その場合でも国民生活金融公庫の担当者が、

キチンと答えを導き出せるように手助けしてくれます。

面談の際には、事業の状況をありのままに話し、

希望を率直に伝えるのが良いでしょう。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国民生活金融公庫

国民金融公庫について



国民金融公庫は、

省庁再編により現在は国民生活金融公庫

名称が変わっています。

「カテゴリー」の国民生活金融公庫

参考にして下さるようお願いします。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国民生活金融公庫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。