サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


多重債務者の問題



多重債務者の問題

金融庁によると、消費者金融の利用者

約1400万人のうち、5社以上から借り入れのある

多重債務者は200万人を超えるとみられる。

高い金利を支払うため複数の消費者金融から

借金を繰り返す人が多く、行政機関に登録していない

金利の違法業者「ヤミ金融」の利用に追い込まれる

場合もある。

2006年12月、貸金業の規制を強化する法律改正が成立施行。

2009年末をめどに出資法の上限金利(年29・2%)は、

利息制限法の上限(元本によって年15―20%)と

同水準に引き下げられ、

中間の「グレーゾーン金利」は廃止される。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融多重債務

消費者金融多重債務で困っていませんか?



消費者金融多重債務で困っている方へのアドバイス!


多重債務者とは、沢山の金融機関から

借りすぎてしまった人のことです。


返済の為に借入が出来るところを探していませんか?

そんな方へのアドバイスです。


何社にも返済をするのって煩わしいですよね。

大体めんどくさいし。

ちょっと遅れると催促の電話がかかってきたりするし、

仕事にならないでしょ?

ちょっとちょっと、貴方のことですよ!

心当たりありませんか?


心当たりのある方だけ、読み進んで下さい。

心当たりのない方には読み進んでも意味がありません。


金融業界に身を置く私からのアドバイスです。

なんで金融業界の人間がそんなアドバイスをするんや?

と不審に思われますよね。

私の会社は存続するのが困難なので

廃業する予定なんです。

だから顧客獲得なんて今は人ごとなんですよ。(ペコリ)


それで、そんな私からのアドバイスなんだけど、

今は金利が引き下げられて来ているでしょ。

こういう時こそチャンスなんですよ。

金利はいやいやでも下げないといけない、

だから余計に融資は増やしたい。

これが消費者金融業者の本音なんです。

このページの周りを見渡して下さい。

一本化します。」

おまとめローン」とかが溢れているでしょ。

一本化すると言うことは、

貴方に対する融資金額が多額になると言うことですから、

保証人を要求されるかも知れないですね。

それがクリアーできるのなら、

安い金利の所で借り換えてしまうのが、

返済も簡単になるし、返済回数を増やせるなら

返済金額を少なくすることが出来ますよね。


考えてみて下さい。

住宅ローンというのがあるでしょ。

金利は確かに安いかも知れないよね。

実際にこのローンを利用した経験がある人なら、

直ぐに気が付くと思います。

返済の最初の頃って金利ばかりで元金はチョビッと

しか減らないんです。

ということは金融機関は丸儲け状態なんですよ。

元金がある程度減っているなー、と実感できるのは

10年くらい返済を続けてきてからなんです。

おまとめローンにしても、

長期分割と言うことになれば同じ現象になります。

住宅ローンほど長期になることは考えられませんけど、

返済期間を延ばして返済金額を少なくする

しか方法はないんです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)



posted by 金融マニア at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融多重債務

消費者金融の多重債務者って何?



消費者金融多重債務とはどういう意味なのかな?


多重債務者という言葉があります。

現実には多額債務者なのだが、マスコミの報道では

多重債務者と言われています。

金融庁の金融制度改革懇談会でも同じ名称を使っていますね。

多重債務者と呼ばれる人達が

最初に金銭を借り入れる時、

その理由は多種多様にあるのだが、

ギャンブル(最近はパチンコが多いようだ。)

などの遊行費、アクセサリーやブランド品の物品購入、

中には海外などへ旅行の費用、

交通事故などの損害賠償費(器物損壊などの修復費)など

実に様々な用途で借り入れをしている。


それだけでは、多重債務者にはならないのだが、

物品購入などでは、より良いものがさらに

欲しくなったりするらしい。

そして、更に借金を重ねて満足を得ようとするのだ。


返済がなければ、どうと言うことはないのだが、

キッチリ返済日がやってくる。

ポケットマネーで返済をすれば問題はないのだが、

持ち金が不足していると、

これら借入金を返済する為に、

別の金融業者から借り入れをしてしまう。


こうなると返済の為の借り入れを

せざるを得なくなってくるのだ。

それは結局のところ、実質的な返済は行われずに、

借りたお金で返済をしてしまう。

簡単に借り入れができてしまうから、

どうしても楽な方に走ってしまう。


こうなると金銭感覚も麻痺してくる。

俗に言う、雪だるま式に陥ってしまうのだ。

多重債務者の大部分が

この落とし穴にはまってしまい、

にっちもさっちも行かなくなってしまうのである。


マスコミの報道では金融業者を悪者扱いで報道するが、

借り入れた人々の責任に関する報道は

殆ど見られない。

多重債務者は弱者と言うことらしい。

弱者救済という美名の元に業者を攻撃するから、

破綻した多重債務者の責任は

葬られてしまっているのだ。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融多重債務

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。