サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


消費者金融の金利が無利息って?


消費者金融金利無利息なんてあるの?


金利無利息というのは本当に実在します。

とは言っても、期間限定なんですけどね。

借入当初から7日〜30日間が金利無利息

という消費者金融は存在します。

これを上手に利用すると、

本当に無利息になってしまいます。

短期返済が可能な方は利用する

価値はありますよね。

金利無利息期間中に完済してしまえば

本当に無利息なんですからね。

この無利息というのは集客目的でのサービスのようで、

大手消費者金融会社の中でも

採用している会社があるようです。

初めてのキャッシング、初心者の方は

検討してみる価値がありそうです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)

posted by 金融マニア at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融金利

消費者金融の金利は高い?



消費者金融の金利(利息)とは?


消費者金融金利は実質年率

として表示されます。

これは1年間の金利のことで年29.2%が

上限と現在の法律で決まっています。

金利または実質年率を簡単に言うと、

1年間にどれだけの利息が付くかという年利

のことだと言えるでしょう。

一般に消費者金融会社では、

借りた日数だけ利息がかかる日割計算を行うので、

実質年率から借りた日数分の

利息を計算することになります。

この日割り計算は消費者金融の大きなメリットで、

利用したその日から完済することが可能なので、

使い方次第では利息もほとんどかかりません。

返済するのが早ければ早いほど利息も安くて、

お得なのが消費者金融なのです。


なぜ消費者金融金利は高いのか?

ゼロ金利という超低金利時代の現在、

消費者金融金利は高すぎる

という批判があります。

しかし、消費者金融は無担保で小口の融資

という性格を持っていて、

借り手の信用力を調査しながらリスクを抑える

ためのコストがかかるのです。

また、なるべくリスクを抑えるとはいっても、

ある程度の貸し倒れリスクを見込んでおかないと

幅広い層への融資が不可能になってしまいます。

営業ネットワークの整備や

契約者に対するサービスのために、

きめ細かい人材の配置を行うなどの

コストも必要になってきます。

確かに、ゼロ金利は資金調達コストの低下

につながってはいるものの、

コスト全体からすれば営業金利を

必ずしも決定づけるものとは言えません。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融金利

消費者金融の金利について



消費者金融金利に関する2つの法律


金利を制限する法律は「利息制限法」と

「出資法」があります。


前者は、

・貸出総額年10万円未満の場合は年20%

・10万円以上100万円未満の場合は年18%

・100万円以上の 場合は年15%

という3つの金利が設定されています。

現状では50万円以下が消費者金融

貸出金として定着していることから考えて、

消費者金融における利息制限法の

上限金利は年18%と理解していいでしょう。


後者(出資法)の

上限金利は年29.2%となっています。

出資法に違反すると懲役刑や罰金刑といった

刑事罰が課せられますが、

利息制限法には罰則規定はありません。

ほとんどの場合、消費者金融の金利は

この18.00〜29.2%の間に設定されています。 


利息制限法の金利を超えるのは違反じゃない?

18.00%〜29.2%という金利

利息制限法の上限を超えているわけですが、

現在のところ違法ではありません。

消費者金融のような貸金業者の場合、

貸金業規制法という法律でも金利に関する

規定があるのです。


それは利息制限法を超える金利であっても、

貸金業規制法に定められた要件を満たした

ものについては、

その金利が有効であるというものです。

なぜ、こうしたことが認められているのかというと、

利息制限法の上限内での金利設定では

調達金利との兼ね合いで

利益を出すのが困難な上に、

貸し倒れリスクもカバーしにくい。

それがために審査基準も自ずと厳しくなり

消費者金融が必要な人たちに

サービスが行き渡らない恐れがあるからです。

そこで一定の条件を満たした優良業者への

特典として、利息制限法の上限を超える

金利設定が認められているのです。

ですから、消費者金融業者はこの法律の下で

金利を設定し営業していますので、

違法ではありません。

もちろん、出資法の上限金利を超えるのは違法です。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!




posted by 金融マニア at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融金利

消費者金融の金利が安くなってるよー。



消費者金融金利が安くなったのは何故か?


消費者金融金利が安くなった理由についてお話します。

2006年12月に貸金業関係の関連法が改正されました。

改正内容の一つにグレーゾーン金利の撤廃

と言うことが盛り込まれています。

今まで認められていた見なし弁済規定が、

2006年1月の最高裁判所判決によって骨抜きにされてしまい

グレーゾーン金利が認められなくなってしまったからです。


もう一つは貸出総量規制というのが新しく設けられています。

これは多重債務者を無くすという見地から設けられた

規定で、消費者一人あたり100万円が限度というものです。

そして1社あたり50万円が限度とされています。

つまり2社が50万円づつ融資すれば、

後はどこも融資が出来なくなってしまうというものです。


この二つの大きな柱によって、

市場規模が大幅に縮小することは

誰が考えても解ることです。


そんな中で生き残りをかけて合併話が

持ち上がったりしているのです。

更に優良顧客を確保するために、

他社に先駆けて金利を引き下げた消費者金融会社があり、

好評を得ると我も我もと追随する消費者金融業者が

出てきたのです。

金利引き下げが施行されるまで待っていては

顧客がいなくなってしまうと言うことなんです。

これから借り入れをされる方は、

充分検討してから借り入れ会社を選択した方が良いですよね。


付け加えて言うと、銀行系列の消費者金融では

更に安く設定している業者もあるようです。

お金は借りない方が良いに決まっています。

それでも借り入れをする時は、

賢い消費者でありたいものです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融金利

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。