サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


消費者金融比較(貸付残高)



消費者金融の貸付残高による比較

ランキング・ベスト30社 2007年(平成19年)

順位 会社名              融資残高 (百万円)
……………………………………………………………………
1  アコム               1,494,399
2  武富士               1,431,848
3  アイフル              1,298,611
4  プロミス              1,193,876
5  CFJ              1,000,000
……………………………………………………………………
6   GEコンシューマー・ファイナンス  700,000
7   三洋信販              390,420
8   オリックスクレジット        350,000
9   モビット              237,824
10  シンキ               176,427
……………………………………………………………………
11  三和ファイナンス          150,000
12  アットローン           136,970
13  アエル               130,000
14  セゾンファンデックス        119,000
15  クオークローン           117,962
……………………………………………………………………
16  クレディア             101,877
17  楽天クレジット            91,100
18  エイワ                84,716
19  DCキャッシュワン          82,698
20  ワイド                80,953
……………………………………………………………………
21  GMOネットカード         80,321
22  丸和商事               59,135
23  ゼロファースト            59,120
24  しんわ                58,674
25  トライト               54,947
……………………………………………………………………
26  キャスコ               45,532
27  ステーションファイナンス       38,212
28  日本プラム              30,409
29  ワールド               26,856
30  新洋信販               26,501
……………………………………………………………………

2007年(平成19年)3月、単位未満は四捨五入。


2006年(平成18年)1月13日の最高裁判所判決

により過払い金返還請求の急増、

2006年(平成18年)12月に公布された

貸金業関連法の改正など、

貸金業界環境の急変により、大半の

消費者金融会社が貸付残高を減少させた。


その中で貸付残高を増加させたのは、

オリックスクレジット、モビット、アットローン、

楽天クレジット、DCキャッシュワンなど、

利息制限法以下の金利で営業をしていた

消費者金融各社である。


消費者金融市場をリードする

大手金融会社は、法改正の方向性が決まった

2006年(平成18年)秋から与信審査基準の

強化を始めていたが、

2007年(平成19年)4月からは更に<

strong>与信審査基準の厳格化を行っている。


現在、消費者金融各社による営業金利の

引き下げが加速している状況で、

貸付残高の縮小が顕著となるのは

今期(平成19年度)からである。


ごく一部の問題である多重債務者問題の

影響によって、多数を占める健全な消費者が

不便になるという一面もある。


しかし、消費者にとっては低金利化が進むのは

歓迎されるべきであろう。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 消費者金融比較

消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット



消費者金融・銀行・クレジットでのキャッシング

メリット・デメリットについて

それでは、消費者金融キャッシングと、

銀行の融資やクレジットカードでのキャッシングとの

違いについて、 メリット・デメリットを考えてみましょう。


消費者金融でのキャッシングのメリット

消費者金融審査完了までのスピードは最短15分から数時間です。

銀行からの融資が3日から数週間かかるのを考えると、

消費者金融からのキャッシングは非常にスピーディーで、

資金が緊急に必要な時には非常に便利なサービスです。

基本的に利息計算が日割りのため、

借りてすぐ返済すれば金利がどこよりも安くなります。

あなたのご都合に合わせた方法で返済を行うことが

できるので、上手く利用すればちょっとした時には

とても頼りになります。


また最近では、大手銀行系の消費者金融もありますので、

こちらを利用すれば安心感も得られるというのも

メリットと言えるのではないでしょうか。


デメリット

一番のデメリットは、銀行融資に比べて金利が高いところ。

簡単に借りられる為に、気がついたら借金が

雪だるま式に増えていた!ということもあるので

借り入れの際はこの点に注意が必要です。

消費者金融会社の選び方にによってもメリット・デメリットは

変わってきますので、消費者金融を利用する時はよく

調べてから利用しましょう。


銀行からの融資のメリット

消費者金融クレジットカードキャッシング

比べて、金利が低い場合が多いことです。


デメリット

審査融資までに時間がかかります。

さらに何度も銀行へ訪ねたり提出必要書類の量も多く、

利便性が良いとは言えず気軽さに欠けます。


クレジットカードでのキャッシングのメリット

既にカードを持っている場合は、

カード発行の必要もなく利用できます。

また、クレジットカード自体の機能として、

ショッピング機能やポイントサービスなどの、

多様な付帯サービスを受けられるというところです。


デメリット

利用できる限度額が少ないことです。

また銀行融資に比べ金利が高いところもデメリットの一つです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融比較

年金生活者は借入が出来るの?



年金生活者でも仕事をしていれば

消費者金融で借り入れすることは出来ます。

仕事をしていない年金生活者の方は、

今は借り入れできる消費者金融会社が

激減していますし、

もう少し時間が経過すれば、

完全に無くなってしまうでしょう。


その理由は、テレビなどでも大々的に放送されて、

ご覧になった方もいるかも知れませんね。

年金担保金融の報道です。


現在は、年金証書や預金通帳・キャッシュカード等の

いわゆる担保物を消費者金融業者が預かると

刑事罰の対象となります。

現実には担保物を預からずに

年金受給者を相手にしている

消費者金融業者も存在します。

しかしマスコミのバッシングによって

同じ評価を受けるようになってしまっていて、

営業が成り立たなくなってきているそうです。

当然、広告に対しても規制されていて、

年金という言葉は使えなくなっています。

これから融資を受けようと考えている

年金受給者の方は、

銀行で相談をして下さいね。

銀行の窓口では受付をしています。

銀行自体は融資が出来ませんけど、

その橋渡しの業務を行っています。

実際に業務を行うのは(旧年金福祉事業団)、

現在は「独立行政法人福祉医療機構」

と言うところが取り扱っています。

それから、公務員関係の共済年金の方は、

国民生活金融公庫(旧国民金融公庫)で

取り扱っています。

窓口が違いますからね。

銀行経由で借入をする場合、

年金は担保として取り扱われます。

法律で唯一担保が認められているんです。

支給元を押さえていますから、

悪用は絶対に不可能です。

保証人が必要になりますが、

保証料を納めることで保証人の代用が出来ます。

返済方法は2種類あります。

全額返済に充当するのと、

年金の半額を返済に充当する方法です。

金利は銀行金利よりも安いか

同等程度ですから、

資金の必要が生じたときは

利用する価値は充分にあります。


ただし、難点があります。

借入申込みをしてから1ヶ月ないし1ヶ月半の

期間を要すると言うことなんです。

この難点を利用していたのが

年金担保金融業者なんです。

実際に担保を取らずにやっている

業者もあるのですが、

現在は衰退しています。

なんと言っても当日融資が受けられるとなれば、

利用する方もいますよね。

資金が急ぐ方には銀行経由では

間に合わないというのが現状なんです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融比較

消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?



消費者金融を選ぶ時、

どんなことを基準に考えるのが良いのだろう?


このレポートは初心者向けです。

基準となりそうな項目は?

1.金利

2.借入金額?

3.返済期間?

4.利便性?

5.返済のし易さ?

一番に考えるのは、やっぱり金利ですよね。

今は金利の戦国時代だと言えますから、

慎重に探す必要があります。

何故戦国時代なのかというと、

2年後には18%〜20%に引き下げられることが

法律の改正によって決定しています。


ところが、いち早く18%に引き下げた

金融業者が現れたんです。

その業者によって、

大手などの消費者金融会社は

追随するしかなくなってきたのです。

消費者金融会社によって微妙に金利格差があるか、

上限の18%かのいずれかになるのですが、

下限の方は各社にばらつきがあります。

特に銀行系の消費者金融会社は

更に一段と低く金利の設定をしています。

選ぶなら銀行系列の消費者金融会社か

クレジット会社で借りるという方法も

良いかもしれないですね。

借入金額は上限が50万円までと思っていて下さい。

それ以上に必要な場合は保証人を要求されるのが一般的です。


返済期間は消費者金融会社によって

ばらつきがありますから、

最長何回まで大丈夫なのか

問い合わせると良いですね。

消費者金融の場合は、

繰り返し利用が出来るリボルビング方式を

採用しているところが殆どなので、

期限はないようなものです。


利便性も大切な要素になりますよね。

借りに行くのも返済するのも、

近くにあることが理想的だと言えますね。

最近は何社かが隣り合わせに

店を構えているケースも多いですから、

気軽に立ち寄れるところを選ぶのが良いですね。


返済のし易さは、

月にいくら返済が出来るかということですけど、

あまり高額にしてしまうと、

不払いになってしまうこともあるので、

ゆとりを持って返済が出来る金額に

しておきましょうね。


そしてお金にゆとりが出来た時は、

早めに返済しておくのが

賢い消費者といえます。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


タグ:消費者金融
posted by 金融マニア at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融比較

消費者金融の金利が安くなってきたよー。



消費者金融の金利が安くなってきましたよー。


昨年12月の貸金業法関連の改正で、

2年半後位に金利が20%まで引き下げられる

ことが決定しています。

その他に貸出総量規制というのが新設されて、

一人あたり100万円までしか融資が受けられなくなります。

1社あたり50万円が限度だから2社が50万円づつ

融資すればそれ以上の借り入れが出来なくなります。


そのため消費者金融業界全体の

融資残高が大幅に縮小することになります。

例えば、150万円借りている消費者の方は、

借り入れが出来ずに100万に減るまで

返済のみをする必要があります。


業界大手にしても生き残りをかけて、

合併などが行われようとしています。


そして、優良顧客を確保するために前倒しで

金利を引き下げ18%で営業を始めている会社が

加速度的に増えてきました。

他社に遅れないようにと追随する

会社が増えているんです。


引き下げたと言っても許容限度までの18%が

大半です。

銀行系列の消費者金融には

更に安くしている商品もありますから、

充分検討してから利用するのが

賢い消費者といえるでしょう。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融比較

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。