サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


借入を断られている人達の現状について



借入の申込みをしても断られる人が増えてきています。

何でかなー???

なんて考えていませんか?




それには、ちゃーんとした理由があるんです。



私の会社でも9割以上の人を断っています。



それは何故???



理由は簡単なんです。

昨年出来た改正貸金業法が理由なんです。



その原因としては、貸出総量規制というのがあります。

1社あたり50万円という枠があります。

それを超えて利用している方には、

50万円まで引き下げる必要があるのです。



心当たりありませんか?


今まで50万を超えて取引していても

2年後には取引できなくなってしまうのです。

そうならない為に、50万円枠になるように

残高を減らしているから貸し付けが出来なくなっている

と言うのが現状です。


貸金業者以外に利用者も影響を受けると言ってきていたのは

こういう理由があったからです。

つまり、返済が可能であっても

かなりの借入がある方と言うことが言えます。


それを法律で制限しているのです。



これを打破する為には、所得証明を添付しないと

打破することは出来ません。

何故かと言うと、所得の3分の1という

制約があるからなのです。

年収900万円の方で300万円が限度

と言うことなんです。


今利用しなくても将来的に利用するなら

今のうちにキャッシングカードを作っておく

必要があります。

今は猶予期間がありますが、改正法が実施されてしまうと

カード自体が発行できなくなってしまうのです。


でも、そんな方はこの記事を読む方はいないだろうと思います。

せっぱ詰まらないとこんな記事読む人いませんよね。


後で気づいた方はご免なさい。

今の金融業界はそれ程切迫していると言うことなのです。


早い話が、高利貸しは消滅しろと言っている

内容の改正貸金業法なのです。


このことに対する苦情は

都道府県の貸金業担当部署

金融庁の財務局、各県の財務事務所になります。


苦情が多ければ改正法を修正することも考えられます。

利用できない貴方は苦情をぶつけるべきです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気blogランキングで応援する!)



posted by 金融マニア at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。