サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


消費者金融の歴史3



歴史3

2003年にヤミ金対策を主目的に

貸金業規制法が改正されたと同時に、

出資法の上限金利の引き下げが論じられたが

実現はしなかった。

分母である自殺者全体の増加もあるが、

利用者の自殺の増加が指摘されており、

返済を続けても、完済が困難である状態は

サラ金地獄」とも呼ばれる。

「借りた人間が悪い」との意見もあるが、

「大手消費者金融業者の営利広告の影響等により

高金利の借入に対する抵抗が減少した」

などの指摘や、(連帯)保証人以外の家族等

法律上弁済の義務を負わない人間が返済に

かかわっている例が多くあるなど

「借りた人間が悪い」という決め付けだけでは

済まない問題も発生している。


近年、大手の消費者金融会社は、

銀行と提携しローン保証業務に乗り出したり、

また、メガバンク(持株会社を含む)の

資本参加を受けるなどの動きもある一方、

前近代的なオーナー経営の業者も多く、

取立てにかかわる数々の問題、高金利

押し貸し(貸し込み競争)、

「武富士」創業者の元会長が関与した

電話盗聴事件などの社会問題が依然として

解決されていないと言える。


2006年6月には、消費者金融の大手5社を含む

10社が、融資の際に借り手を生命保険

(消費者信用団体生命保険)に加入させ、

消費者金融を受取人にしていることが

明るみに出た。


本人が契約自体を知らない場合もあり、

保険金は遺族を素通りして消費者金融に支払われる。


遺族が債務を負わないメリットもあるが、

死亡した債務者が過払い

(不当利得の返還を遺族が消費者金融

求められる状態)であっても

保険金は消費者金融に全額支払われ、

過払いの事実は遺族には一切伝えられない。


この保険が無く、相続放棄・限定承認をしない場合、

遺族が死亡した債務者の債務を

任意整理(利息制限法の金利で計算し直した

残債務を利息無しで一括・分割返済

(3〜5年))するには、

相続人が弁護士・認定司法書士等に委任する。


一般に、消費者金融は利息制限法を超える

金利での貸付の場合、

みなし弁済の無効を主張されると、

訴訟では全額を回収することができないため、

訴訟の前に訴訟以外の手段を用いて

回収を急ぐことがある。


全額の回収を容易・確実にするために、

連帯保証人付きのローン・

不動産担保ローンでの借り換え、

公正証書の作成等の手段を用いる場合もある。


法律上支払義務のない債務者に対して、

強引な取立てを行うことも常態である

(過払いが生じている場合などは

訴訟による回収が困難であるが、

被告が裁判を欠席、答弁書を提出しない、

また訴訟ではないが支払督促に対して

督促異議の申立てをせず放置した場合等、

例外がある)。


厳しい取り立ては違法な手段

(脅迫罪・強要罪・住居侵入罪・不退去罪・

業務妨害罪等の刑法上の犯罪が

成立することもある)を伴うことも多く、

当事者・関係者に多大な苦痛を与える点で

問題があるが、

専門家(弁護士・認定司法書士等)の介入が

あった場合は、貸金業の規制等に関する法律

第21条6項の規定により貸金業者が

債務者に接触することは原則としてできなくなる。


なお、最近では店舗や無人契約機での

申し込みは減少し、インターネット経由で

申し込みをして審査を一通り終わらせ、

最寄の無人契約機でキャッシングカードを

受け取りに行くというケースが増加している。


また、最近さかんに宣伝されている

「おまとめローン」には次のような問題がある。

まとめる前に任意整理などを行えば

できたかもしれない「引きなおしによる

債務の減額」ができなくなる。

したがって実質的に債務が増えてしまうことがある。

特に過払いの場合は「もともと存在しなかった債務」

をあらためて背負うことになる。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。