サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


消費者金融の返済で困っていませんか?



消費者金融の返済で困ったら、

どうするのが良いでしょうか?


消費者金融の返済で困ると言うことは、

借入金が多くなりすぎて返済金額が膨らんでしまった。

もしくは会社の業績悪化やリストラで収入が激減してしまった。

どちらにせよブラックリストに載るのは目前に

迫っていると言うことですよね。


そういう方たちに一つ提案があります。

実は2006年1月の最高裁判所の判決で、

グレーゾーン金利を認められなくなって以来、

過払い利息の返還請求が急増しているんです。

自治体でも法律専門家を招いて相談会を開催したりしています。

では、法律のスペシャリストを頼らないと

過払い利息の返還請求は出来ないのでしょうか?

答は否です。

私も金融業界に身を委ねているのですが、

賢い消費者は借りている消費者金融会社に

直接相談を持ちかけてきます。

過払い利息返還はニュースや報道で大きく

取り上げられたり、テレビで詳細を報道したりして

消費者の方も勉強しているわけで、

相談を受ける業者側としては裁判問題に発展させたくない

という思いもあり、相談に応じざるを得ない

環境になっています。


こういうことを書くと、弁護士や司法書士から

クレームが来るかも知れませんけど、

法律スペシャリストは無料で手続きを請け負って

くれるわけではないですよね。

専門家に手数料を支払うなら、

それを借金返済に充てた方が賢いように思います。


ただ、全ての消費者金融業者が快く応じてくれるとは

限りませんから、応じてもらえない消費者金融業者

については専門家に相談するという方法も

あるのではないでしょうか。


相談をする内容としては、利息制限法に引き直し計算を

してもらった上で、今後の返済方法についての

相談をするわけです。

分割払いの期間を伸張して返済金額を

少なくするとかですね。


一口に過払い利息返還と言っても、

借りて日が浅い人にはあまりメリットがあると思えません。

後々借り入れが出来なくなったりすることもあるからです。

大きなメリットがあるとすれば5年以上

消費者金融を利用してきた人でしょう。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 金融マニア at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。