サイトマップ(目次)
記事は下の方にあります。
                               
◇消費者金融とは
消費者金融の即日融資について

◇消費者金融審査
消費者金融の審査が通らない理由について
消費者金融審査の照会件数について
消費者金融の審査について
消費者金融の審査基準について

◇消費者金融比較
消費者金融・銀行・クレジットのメリット・デメリット
消費者金融比較(貸付残高)

◇消費者金融キャッシング
消費者金融のキャッシングについて
消費者金融を選択するにはどんな方法があるの?
年金生活者は借入が出来るの?
消費者金融のメリット・デメリットについて
キャッシング後の返済方式について
キャッシング後の返済方法はどんな方法があるのかな?

◇消費者金融金利
消費者金融の金利について
消費者金融の金利は高い?
消費者金融の金利が無利息って?
消費者金融の金利が安くなってきたよー!
消費者金融の金利が安くなってるよー。

◇消費者金融広告
悪質広告のチェックポイント
消費者金融の広告について

◇消費者金融の回収方法
消費者金融の取り立て方法

◇消費者金融相談
消費者金融に関する相談とは?
消費者金融の返済で困っていませんか?
債務整理にはどんな方法があるの?

◇消費者金融多重債務
消費者金融の多重債務者って何?
消費者金融多重債務で困っていませんか?
多重債務者の問題

◇国民生活金融公庫
国民金融公庫について
国民生活金融公庫の融資申請ポイント
国民生活金融公庫の沿革と今後について
国民生活金融公庫のメリット
国民生活金融公庫融資の成功術

◇金融商品取引法
金融商品取引法とは?
金融商品取引法の目的について

◇住宅金融支援機構法
住宅金融支援機構法とは?

                                 
◇消費者金融審査甘い
甘い審査の消費者金融を探している方へ!
甘い審査!消費者金融のねらい目について
審査の甘い消費者金融について

◇消費者金融ブラック
ブラックリストに載っているか心配だ!
過払金返還請求をしたらブラック?
破産者にも融資をする業者はいる?
ブラックなんて気にしない!
ブラックの方、今がチャンスです!
消費者金融のブラックOK
消費者金融ブラックについて

◇消費者金融情報
消費者金融の再編について
<プロミス>三洋信販を完全子会社化-業界首位に
消費者金融業界の現状!ご存じですか?
貸金業協会は消滅します。新しく日本貸金業協会が発足するようです。

◇消費者金融信用情報
消費者金融の情報、情報センターについて
個人信用情報の調べ方について
過払い金返還請求をした方に朗報!!
過払い金請求のブラックの取扱、最新情報

◇保証人について
保証人とは!?
保証人の種類について
一般的に保証人と言われているものについて!
保証人という慣習の問題点
身元保証とは!?

◇金融車
金融車って何???

◇ビジネス金融
ビジネス金融って何!?

◇闇金融
闇(やみ)金融の手口(その1)
闇(やみ)金融の手口(その2)
闇(やみ)金融の手口(その3)
闇(やみ)金融の手口(その4)

◇金融庁
金融庁の沿革について
消費者金融と金融庁の関係について

◇過払い金返還請求
過払い金返還請求の根拠はなんだろう!?
過払い金返還請求の根拠、判例1
過払い金返還請求の根拠、判例2

◇不当利得返還請求
不当利得返還請求について

◇消費者金融の歴史
消費者金融の歴史1
消費者金融の歴史2
消費者金融の歴史3
消費者金融の歴史4

◇相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!

◇リンク集


甘い審査の消費者金融を探している方へ!



甘い審査消費者金融を探している方へ!


消費者金融甘い審査を検索する方の多くは、

現在利用中で、かなりの借金のある方、

あるいはブラック情報が出ている方ですよね。


そんな方に私から提案をしたいと思います。


審査をする消費者金融業者からすれば、

キチンと払って貰えるかどうかが最大の課題ですよね。

だから、収入から負債を差し引いた支出余力があるかどうかが

一番の関心事になるんです。

他店で借金があっても、

支出余力からの返済が可能かどうかということなんです。

支出余力があれば融資をしてくれる会社もあると思います。


支出余力というのは、水道光熱・家賃・食費・学費等の

生活費を差し引いて返済する財源があるかどうか

ということです。

この余力がない人は借入はまず無理だと思われます。

要するに破綻をするしかない。


具体的に言えば、破産、個人民事再生、民事調停などの

法的手続きに頼るしか方法が残されていない

かも知れません。

法的な手続きでは利息制限法に引き直した計算をするため、

負債が減少しますし、過払い金を戻して貰えるかも知れません。


更に借入を要する必要性があるのでしたら、

今ある借入金の返済金額についての相談を

消費者金融会社とするべきです。

仮に5万円の返済をしているとしたら、

それを3万円に減額できないか、といった相談です。


返済額減額の相談が成功すれば、

新たな借入をしなくても済む可能性があります。

そういう交渉をしても無理な場合、

消費者金融会社が相談に応じてくれないとかでしたら、

新たな借入を模索するより、

役所の社会福祉を担当している部署へ相談をしに

行くべきでしょう。


あるいは、数社での借入を1社に絞って返済を容易に

するという方法もあります。

おまとめローンとかの広告もありますよね。


そういった消費者金融会社に相談をするのも一つの方法です。

注意をして欲しいのは、おまとめローンと言っても

闇金融の場合もありますよね。

ダイレクトメールを送ってくるような業者は避けて下さいね。

あくまで、正規の業者が対象です。

最近は金利も値下げをしている会社も多くなっていますから、

研究することも必要かも知れませんね。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融審査甘い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。